30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

自分の本当の目的を見つけ、正しい目標を設定すること

今回は、目的や目標の話です。

 

本当の目的ではない事に気付けなかった

ろくたの20代の話です。

ろくたは、会社でプログラマーとして働いていました。(今もですが)

 

当時は、ひたすらプログラミングの技術を磨いていました。

技術本を読み漁ったり、土日や平日夜のセミナー参加、など、

仕事時間以外は割とプログラミングの勉強に当てていました。

たしかに技術力は上がったと思います。

しかし、給料が大幅に増える事はなく、普通に微増していくだけでした。

給料については少し気になってはいましたが、そのまま技術力の向上に努めていました。

 

また、個人的にスマホアプリを作った時も勉強として作っていましたが、稼ぐために作ってはいませんでした。

アプリで○万円稼いだ!という情報を見ても、自分は勉強のためにやっている、と言い続けていました。

 

当時の目的を振り返ってみると、「プログラミングの技術を上げる」です。

目的は達成できていたと思います。

しかし、違和感がありました。

 

目的の設定ミスに気付く

そして、ちょうど30歳になった時に、自己分析をしてみました。

ブレインダンプってやつです。

自分が何をしたいか、というようなテーマで無理やり100個出してみるだけです。

すると、ろくたの本当の目的、本当にしたいことは、違うものだとようやく気付くことができたんです。

 

ろくたは、自分が本当にやりたい事がわかっておらず、間違った方向に進んでいました。

目的が間違っていたので、当然目標も間違ったものになってしまいます。

 

なので、ひたすら技術を追い求める結果になりました。

また、技術を求めるということで、本当にしたい事から逃げていたのかもしれません。

 

 

本当の目的から、正しい目標を設定する

ろくたの本当にしたかったことは、会社等に縛られずに自由に生きていくこと、でした。

本当の目的から再度目標設定をすると、月100万稼ぐ、になり、現在のブログに至るわけです。

 

目的が違っていたことで、かなりロスをしてしまったと思います。

目的が違うと、自分自身の行動も変わってきます。

 

例えば、アプリを作っていた当時は「作る」ことがメインでした。

もし稼ぐことを目標にしていれば、アプリ作成のメインは「稼ぐ」ことになっていたと思います。

そうなれば、磨いていく部分はプログラミング能力ではなく、

マーケティングや宣伝の方になっていたと思います。

 

目的が違うと方向性や行動が変わってしまいます。

体験したことで、目的設定がいかに重要かを思いしらされました。

 

 

ということでまとめると、

まずは、自分の本当の目的を見つけること、が一番重要です。

これがズレていると、大変なことになってしまいます。

そして、本当の目的に対して、目標を設定することです。

 

こうすれば、自分が達成したいことに対して、ブレることは少なくなると思います。

 

ろくたは、会社を辞めて自由になるという目的のために、月100万稼ぐという目標を達成していきたいと思います!