30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

アフィリエイトは飽和している?いえ、本気でやれば十分稼げます!

2014年になりましたが、

ろくたはまだ十分アフィリエイトで稼げていけると思っています!

 

アフィリエイトで稼げるのか不安な人も多いと思うので、

これから始めよう、最近始めた、という人は参考になると思います。

 

アフィリエイト市場規模について

アフィリエイトの市場規模を知っていますか?

 

市場は毎年約10%くらいずつ伸びており、

2014年では、1,500億くらいの規模らしいです。

2015年には、1,650億円規模と予想されています。

 

仮に誰かがアフィリエイトのみで年商1億だったとしても、

それって市場から見ると、たった0.1%未満なんですよね。

なので、あなたがアフィリエイトで100万稼いでも、

市場から見たらゴミみたいな金額なんです。

 

ちなみにアメリカでも市場規模が伸びているので、

市場の伸びについては心配しなくても良さそうです。

 

広告主視点のアフィリエイト広告から考える

アフィリエイト広告について理解していますか?

 

アフィリリンクを踏んでもらって、

購入等のアクションをしてもらえば報酬になるんでしょ?

という認識がほとんどだと思います。

つい最近まで、ろくたも同じ認識でした。

 

しかし、広告主視点からアフィリエイト広告を考えると

違った面からより理解を深めることができます。

 

アフィリエイト広告は成功報酬型の広告です。

つまりアフィリエイターが商品を売った時に初めて広告費が発生します。

しかもその広告費も自分で自由に設定できます。

逆に言えば、全く売れなければ広告費はゼロです。

なので、広告主にとってはかなりリスクの低い広告になります。

(実際はASPに月額費用を支払います)

 

例えば、商品をCMで宣伝する場合、

それがどれくらい売れるのか正確に予測するのは難しく、

下手をすれば赤字になるかもしれません。

 

アフィリエイト広告だと、売れた時に広告費が発生するので

基本的には赤字にはなりえません。

 

このようにアフィリエイト広告は、

広告主にとってはかなり都合の良い夢のような広告なんです。

今後もますます需要が増えていくと思います。

 

市場からいえば飽和していないので、稼げますが…

市場や広告の特性をみると、

続々とアフィリエイト広告は増えているし、

今後も需要は増えていくと思います。

 

なので、アフィリエイトはデータ的にみたら

まだまだ十分稼げると、ろくたは思います。

 

しかし、だからと言って全員が稼げるとは限りません。

 

結局のところ、市場がどうだ、とか小難しい事を言っていても

稼げるかどうかは、その人次第です。

 

ろくたはまだ稼げている金額は少ないですが、

どうすれば稼げるのかを考えながら本気で実践していけば、

アフィリエイトは稼げていけると実感しています。