30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

生活・行動を記録するおすすめツールはtoggl

前回、時間管理マトリックスについて話しましたが、

今回は行動を記録するおすすめツールを紹介したいと思います。

おすすめツールは「toggl」というツールです。
ツールというより、クラウドサービスになります。

このサービスを使えば、自分の時間管理マトリックスがわかるのでおすすめです。

こういうツールライフログと言われることもあるようです。

 

togglがおすすめな3つの理由

togglをおすすめするのには、三つの理由があります。

一つ目は、クラウド対応していることです。
これはおすすめというよりかは、必須項目になります。

行動記録するためには、
24時間どこにいても記録できる必要があります。

こうなるとパソコンのソフトやアプリだけでは役不足です。
なぜなら、電源を入れてないとツールが動かないからです。

なので、行動記録するツールクラウド式が一番理想になります。

そしていつでもどこでも記録できるためには、
スマートフォンのアプリや、WEB上から操作できる必要があります。

togglはこれらすべてに対応しています。

二つ目は、無料であることです。
これは言うまでもなく、有料よりは無料の方が良いです。

しかも、特に気になる広告なども出なかったと思います。

三つ目は、分析ができることです。
こういったツールは行動記録するだけでは意味がなく、
月単位とか週単位で、
自分がどういう行動していたか、
グラフなどで見れるのがベストです。

togglは任意の期間をグラフで見ることができたり、
項目ごとに掘り下げてみたり、
土日だけ、平日だけなどいろいろな条件で見れるので
分析がやりやすいです。

それから、全般的にシンプルな作りになっているので、
非常に使いやすいです。
英語のツールにはなりますが、
多分ほとんどの人が簡単に使えると思います。

 

ろくたの使い方

togglは時間管理マトリックスに分別できるように使うことができます。
設定によっていろいろな使い方ができますが、
ろくたの使い方を一例として紹介します。

togglにはプロジェクトがあるので、
まず第1領域から第4領域の4つのプロジェクト作りました。
ただ、ろくたの場合は都合上5つにしました。

第1領域には、日々の生活(睡眠、食事など)、
第2領域-1には、アフィリ作業、
第2領域-2には、アフィリ勉強、
第3領域には、仕事、
第4領域には、遊び、
を登録しました。

あとは24時間記録するだけです。
記録忘れてしまった場合は、過去に戻って大体の時間を登録します。
これをまず1ヶ月間やります。
めんどくさがり屋の人は、この時点でアウトになるかもしれません(笑)。

1ヶ月データがたまったら、分析します。
ろくたの場合は、第2領域のアフィリ作業とアフィリ勉強の時間を見ます。
それが例えば50時間だったとします。

そしたらこれをもとに来月の目標時間を決めます。
て来月はこれを超えるように作業をしていきます。
また、不要な時間を過ごしていなかったかもチェックします。

このように1ヶ月間時間を計測し、
毎月分析することで、自分の行動をPDCAサイクルに乗せることができます。

 

ある程度長く使っていくと起こる弊害

ある程度togglを使っていると、
だんだんと面倒になってくると思います。

ろくたも最初はかなり細かくやっていました。
例えば歯磨きや、トイレなど、
1分程度で終わるものもカテゴリ分けしていました。
これだとだんだん面倒になっていくので、
重要な部分以外はざっくりとした項目で良いと思います。

第1、第3第、4領域は、それぞれ一つの項目でも良いと思います。

それでも面倒だという人とは、
計測したい時間とそれ以外に分けるのも手です。

これだと時間管理マトリックスには当てはまらなくなりますが、
最低限の時間計測はすることができます。

実はろくたも今はこの状態です(笑)。

最終的にろくたの登録している項目は、

  • アフィリ作業
  • アフィリ勉強
  • その他

だけになりました(笑)。

この辺は人によって違うと思いますが、
ろくたはこれだけで十分だと感じたので最小化にしています。

もっと細かい分析をしたい人は、
細かくデータを取っていくと良いと思います。

一番重要なのは続けることだと思うので、
負担になりすぎず、きちんと分析もできるレベルでやっていくと良いと思います。