30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

2014年時点でアフィリエイトは飽和しているのか?

アフィリエイトはもうライバルだらけで飽和している、
今から参入しても稼ぐことは難しい、
というのを聞くことがあります。

みなさんはどう思いますか?

ろくたは全然、まったく飽和しているとは思っておらず、
これからも飽和しきることは無いんじゃないかなと思います。

これは、自分の体験からも、
市場にある商品・サービスを見ても、
どちらの観点からでも飽和しきるのは難しいと思っています。

ただ、一部の商品・サービスはライバルが多く、
なかなか難しいものもあることはあります。

なので、これから参入する人は、
そういったライバルの多い、少ないを意識すれば、
1つの指標になり、逆にアフィリエイトしやすいと思います。

今回は、アフィリエイト市場が飽和しているのかどうかや、
これから参入する人はどうすればよいかについて書きます。

飽和しないと言い切れる理由

ろくたが飽和しないと言う理由は、まず自分の体験です。
毎月毎月、同じ商品・サービスがコンスタントに売れています。
すごいサイトだと毎月数百件発生します。

こういった商品・サービスは、
基本的には初回のみがアフィリエイト報酬の対象になるので、
客1人当たり1回分しか稼げません。

そうなると、日本人の人口は決まっているので、
毎月100件とか商品が売れていると、
いつか飽和してしまうんじゃないかと思うかもしれません。

でも、人口自体は毎年増え、新しいお客さんも増えていくので、
完全にお客さんが飽和することは無いと思います。

次に、アフィリエイトの商品についてです。
新しいアフィリエイト商品はどんどん増えていきます。
それこそ全アフィリエイターでやっても追いつかないほどに。

ろくたも新しい商品までは追えていない状況です。
おそらくどれかの新商品はライバルがいなかったり、
穴場になっていたりするはずです。

あとは、アフィリエイト方法です。
以前は、サイト、メールくらいがアフィリエイト手段でしたが、
最近だとTwitterFacebookなどのSNSや、
アプリなんかでもアフィリできます。
今後もアフィリできる手段が増えていくと思います。

これらの3点から、アフィリエイトが飽和しないと言い切れます。
人口、商品、方法が増え続けていく限り、
アフィリエイトで全く稼げなくなる状況は少ないと思います。

これから参入する人は何を狙えばいいか?

これから参入する人のスタイルにもよりますが、
まずは、知名度の高い新商品を狙うのが一番簡単だと思います。
例えば、最近だと(少し古いかも?)楽天でんわとか、
結構いけるんじゃないでしょうか?

新商品という時点でライバルは少ないし、
知名度が高いため検索数が多くなるので、
順位も上がりやすく、また稼ぎやすいといえると思います。

次に、普通の新商品です。
だいたいASPには新着の商品が見れるようになっているので、
それをとにかくやっていく感じです。

あとは、それなりにサイト作成に自信があるなら、
稼げるとわかっているジャンルや、
報酬の高いジャンルが良いと思います。

ただ、これらのジャンルはライバルが多かったり、
既に飽和気味のジャンルで、
全然順位が上がらずアクセスが集まらない場合もあります。

なので、参入直後は新商品で練習して、
慣れてきたら、徐々に難しいジャンルに挑戦していくのが一番良いと思います。

ライバルが多いジャンルを見分ける方法

これは非常に簡単です。

検索してみれば一発でわかります。
例えば、「キャッシング 比較」「キャシング おすすめ」などです。
アフィリエイトサイトがビッシリ見つかると思います。

さらにアフィリエイトサイトの内、
独自ドメインが多いかどうかも見ておくといいと思います。
激戦ジャンルだと1ページ目は
すべて独自ドメインのアフィリサイトになっていたりします。

あとは、PPCのキーワード単価を見ることです。
この単価が高いキーワード=稼げるキーワード=ライバルが多い、になります。

最初からいきなりはこういったライバルの多いところは
狙わない方がいいと思います。

簡単なまとめ

アフィリエイトの飽和は心配の必要なし。
これから参入する人は、まずは新商品からやってみよう。