30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

ラノベを読みまくったら、ライティング力が上がった件

ラノベライトノベル)を読みまくったら、
ライティング力が上がったと最近強く実感しています。

しかも、普通の小説ではなくラノベだったおかげで、
より親しみやすく、表現力の高い文章が書けるようになりました。

今回はこの件について、ろくたの実体験を書いてみます。

なぜラノベを読み始めたのか?

そもそも何でラノベを読み始めたかというと、
ろくたの2015年抱負記事に、
「小説などの文章を読む機会を増やす」
というのがあったからです。

この意図としては、
良い文章にたくさん触れることで、
自分も良い文章が書けるようにしたいと思ったからです。

アフィリエイトやりたての頃は、
アフィリエイト塾長のサイトを毎日半年間以上写経したものです。
そのおかげで、ライティング力がかなり上がったと実感できました。

この体験から、良い文章にたくさん触れることは、
ライティング力を上げることにつながると確信しています。

その延長で、じゃあ文章のプロが書いた物を読めば、
さらにライティング力が上がるんじゃないか?
と思ったのがキッカケです。

で、文章のプロといったら小説ですよね。
でもろくたは、楽しむ文学?としては、
漫画オンリーだったので、
小説はちょっと敷居が高いと感じました。

なので、小説よりも気軽に読めそうなライトノベルを読もう、
ということになったわけです。

どのくらいのラノベを読んだのか?

読んだラノベは2015年1月から数えて、
だいたい50冊くらいだと思います。

買ったのは全部電子書籍kindle)です。
kindle版の電子書籍は199冊買っていました(汗)。
ちょうど、kindleのセールがあったので、
ついつい買ってしまったと言う感じです。

あと、kindle版が無かったけど読みたいと思ったラノベは、図書館で借りました。
これが35冊ほどあります。
買ったり借りたりの合計で、約230冊くらい読む本があります。

まだ全部消化していないので、どんどん消化します。
買う量 > 読む量、にならないように注意したいです。。

具体的に上がったライティング力の詳細は?

こんな感じでラノベをとにかく読みまくっています。

最初の1ヶ月は特に変わらなかったのですが、
1ヶ月30冊くらい読んでいると、
だいたいラノベってこんな感じ、というのがわかってきます。

そして、2月に記事を集中して書いていると、
普段は浮かばないようなラノベっぽい感じで、
文章を書いていた瞬間がありました。

具体的には、いつもより面白い言葉だったり、
切り口が豊富だったり、
心情を深堀りして書いていたり、のような感じです。

例え話も上手くなったように思います。

また、1行で伝えられるような単純な1つの事象を、
3000文字くらいにまで膨らませることができ、
しかも飽きないような文章も書けました。
以前なら、おそらく2000字止まりだったと思います。

これらを一般的な言葉に直すと、

  • ストーリー性のある文章
  • 表現力のある文章
  • 読む人に楽しんでもらえる文章

のような力が、以前より確実に上がったと思います。

特にストーリー性のある文章はすごく実感しています。
自分で読み返してみても、前よりも親しみやすく読みやすいし、
楽しんで読めるようになりました。

例えば、商品がダンボールの状態で届いて、
それを開封しながらレビューをするような場合に、
以前は商品について書いて、その感想を書くだけでしたが、
そこに心情をより深く入れられたり、
これはまるで○○のようだ、等の面白いたとえが浮かぶようになったり、
全く違う切り口の例え話が浮かんだりと、
一味ちがう感じで書けるようになりました。

まとめ、結論

ろくたは、ラノベを読んで、
自分の文章力の幅が増え、ライティング力が上がったと感じています。

ただこれは、今までろくたがラノベに触れていないのもあると思います。
新たな体験をしたことで、ちょっと文章に影響が出たと言う感じです。

これを応用すると、
ターゲットが決まっているアフィリエイトだったら、
そのターゲットが読むであろう本(マンガ、小説、雑誌)を読みまくれば、
そのターゲットが好きそうな文章を自然に書けるようになるかもしれません。

ラノベを読んだからといって、
より面白い文章が書けるかどうかは全ての人に言えるかはわかりませんが、
何かしらの影響は出ると思います。

これは1冊や2冊だと多分意味はないので、
大量の本を読まないと多分実感できないと思います。

ろくた的にはラノベは単純に結構面白かったし、
今後も1つの趣味&勉強として続けていこうと思います。