30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

大半のアフィリエイターが考えていること

つい、最近セミナーに参加しました。
ASPが主催し、広告主が実際に来るセミナーでした。
ろくたは新しいジャンルに手を付け始めていたので、
そのジャンルの勉強としてちょうど良かったので参加しました。

ただ、基本的にASPが主催するセミナーはあまりおすすめできません。
何故なら、ASPアフィリエイトして欲しい案件紹介になりがちだからです。
広告主が来るセミナーも同様で、
自分たちの商品・サービスの良さをアピールしたいだけなので、
そんなに良いものではありません。
こういうセミナーで言う事ばかりを真に受けると、
広告主視点になってしまい、ユーザー視点になれないので、注意してください。

ろくたがこのセミナーに参加した目的は、
その広告主の商品が知りたかった訳ではなく、
客層がどういう人達かを知ることでした。
商品などは、自分で買ったり体験すればいいだけだし、
ネットにも情報がいくらでも転がっています。
しかし実際の客層は、広告主やASPに聞かないとわかりません。

なので、今回の目的は客層を知り、
ターゲットとなる人がどういう人かをイメージできるようにすることでした。

で、今回はそのセミナーの時に思ったことを書こうと思います。

セミナーにある質疑応答で思ったこと

セミナーでは、ろくたの狙い通り、
性別、年齢の割合がグラフ化されていたので、参考になりました。
また、質問によって、どういうお客さんが、
広告主にとって良い客なのか、悪い客なのかもわかりました。

で、その質疑応答で感じたことを書きます。
まず言っちゃ悪いんですが、微妙な質問が多かったです。

  • アフィリリンクの商品リンクの作り方がわからない
  • こういうパターンは成果になるのか?
  • (広告主が主催する)セミナーはどういう内容なのか?

アフィリリンクや成果については、ASPにメールで聞くことができますし、
やり方等はWebに載っているはずです。

大勢の前でこういう質問をされると時間の無駄になるし、
広告主が来ているセミナーでの質問としては不適切だと思います。
自分のことしか考えていなかったり、
アフィリで自分が稼ぐことしか考えていないんだな、と思いました。

次の、(広告主が主催する)セミナーはどういう内容なのか?
という質問は悪くはないんですが、
ろくたはこの質問を聞いた時、
質問者はそのセミナーには行く気か無いんだなと思いました。
(もしかしたら、行くからこその質問だったかもしれませんが。)

ろくたは、そういうセミナーがあるんなら一度実際に参加して、
その時の写真や資料をサイトにアップしながらレビューしよう、
と思ったんですね。
だから、セミナーの内容については体験すればわかることなので、
内容についての質問は浮かびませんでした。
こういう質問をしたということは、
自分では行かず、人から聞いた話で済ましたいのかな、と思いました。

なお、上記はあくまでもろくたの想像なので、
実際には違っているかもしれません。

第三者視点が弱いから、微妙な質問が出る?

で、こういう微妙な質問が出る理由を帰りにちょっと考えていました。

そういえば、アフィリの塾や商材の掲示板サポートでも、
必ず何人かはASPに聞けばわかるような事を質問していました。

初心者や不慣れ、というのもあるかもしれませんが、
ろくたは、自分視点がほとんどで、第三者の視点が足りないんじゃないか、
と思いました。

自分視点は、アフィリで稼ぎたい、ということです。
第三者視点は、ユーザーの視点で、ユーザーの悩みを解決することです。

ユーザーの悩みを解決することに注力していれば、
こういった微妙な質問は出てくることはまず無いと思います。

アフィリで稼ぎたいというのはよくわかるんですが、
ユーザーの悩みを解決することに注力した方が、
サイトの質も上がり、その結果安定して稼げるようになります。

コツとしては一旦アフィリについては忘れて、
ユーザーの悩みを解決するサイトを作ります。
意気込みとしては、日本で一番の最強サイトを作る、という感じです。

例えば、ニキビのサイトだったら、ニキビを治すためにはどうすればいいか、
徹底的に調べて、それを記事にしていきます。
ニキビを治すことについては、書籍化するくらいの勢いが欲しいです。

で、こういうサイトを作ることを真剣に考えていると、
アフィリのことって頭から消えると思います。
そのサイトが出来上がった時に、おまけ程度にアフィリリンクを載せる、
アフィリリンクは添えるだけ(笑)、
これができれば、質の高いサイトができると思います。

このようにユーザー視点に立っていれば、
アフィリで稼ぐ自分視点が薄れ、
先ほどのような質問は出てこないはずなんです。

ろくたは今回の質問で、
大半のアフィリエイターはまだユーザー視点ができていないんじゃないか、
と感じました。

できるだけ楽をして稼ぎたいと考えている?

あと、セミナーの内容についての質問から思ったこととして、
アフィリエイターはできるだけ楽をしたいと考えているとも思いました。

自分でセミナーに出るのって、交通費もかかるし、時間も食うし、
結構面倒だと思います。

でも、自分で体験しないとわからないこともありますし、
それを記事ネタにする場合は、その時の写真やもらえる資料が
実際にそこに行った証拠になるので、
サイトの信憑性アップにもつながります。

そういえば、市川塾の市川師匠もこう言っていました。

面倒なことをやる。

多くのアフィリエイターがおそらく楽をしたいと思っています。
広告主のホームページに載っていることを、まとめるだけの人がほとんどです。
電話をしてさらに情報を引き出そうとしたり、
取材までするアフィリエイターともなれば、かなり数は減るはずです。

このように面倒なことをやってまとめるだけでも、
簡単に差別化はできるし、そのサイトの質もアップします。
なので、楽をしようとせずに、面倒な方に進むのがポイントです。

その他ASPセミナーで思ったこと

もう1つおまけで思ったことがあります。

それは、今後は取材が必要になってきそう、ということです。
今回の広告主も、取材やインタビュー記事はいつでも歓迎、と言っていました。

ろくたは今まで取材はやったことがありませんでしたが、
今後はやっていこうと考えています。

取材をした、という事でサイトの信憑性が上がるのもありますが、
ユーザーにとってどの商品・サービスが良いのか考えると、
やっぱりその開発元に色々聞くのが一番だと思ったからです。

特に今回のろくたが参入するジャンルは、
商品サービスの体験だけでは足りず、
その内部情報も知らないとどこが本当におすすめできるのかがわかりません。

あと、取材についてはほとんどのユーザーはできないことですし、
アフィリエイターの役目かなと思っています。

もはやアフィリエイターというか、1つのメディア記者、といった感じです。

余裕が出てきたら、取材コンテンツも試すと良いと思います。

まとめ

1つの質問から結構色々なことを考えることができました。
(実際は的外れかもしれませんが。)

その中で、大半のアフィリエイターが考えていることが、
何となくわかったので、ろくたはそれとは違う方向に行こうと思いました。

大半の人と同じことをしていたら、差別化はされず、
その他一般のアフィリサイト、に数えられてしまいます。
そうではなく、自分にしかできない質の高いサイトを目指してみてください!

ASP主催のセミナーは正直微妙なものが多いですが、
他のアフィリエイターの考えていることがわかるので、
たまに行ってみるといいと思いました。