30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

ホワイトハットSEO、共起語セミナーに行きました

11/28の土曜日にセミナーに行きました。
内容は、ホワイトハットSEOや共起語のセミナーで、
アフィリエイトフレンズ主催のものです。

通常アフィリエイトフレンズでは、
セミナー動画を後日アップしてくれるんですが、
今回のセミナーはクローズドセミナーで、
参加しなければ見れない、というセミナーでした。

実は以前も同じセミナーがあり、
その時もろくたは参加したかったのですが、
一瞬で枠が埋まってしまい、参加できませんでした。

そして今回人気のセミナーということで、
第二回が実施され、今回はなんとか参加することができました。

ということで今回は、このセミナーで学んだことを書こうと思います。
なお、固有名称やキーワード、URLなど事例の特定できるものは、
NGらしいので今回は学んだことのみを書こうと思います。

セミナー概要

今回のセミナーは、ホワイトハットでどうやって順位を上げていくか、
という内容です。

セミナー講師は、社員50名、資本金1億円の
ものすごい会社の人で、
大学の教授と共同研究をして、
googleが文章をどのように評価しているかを、
研究している、ということでした。
なので、かなり信ぴょう性の高いお話でした。

お話の中には数多くの証拠というか、
データが出てきましたが今回は触れず、
結論と方法だけ触れておきます。

ポイントは「専門性・深掘り」と「網羅性」

Googleに評価してもらうには、
専門性・深掘り、と網羅性が重要になるようです。

専門性・深掘りとは、
突っ込んだ解説や提案のことで、
うすっぺらい中身はではなく、濃い中身が重要になります。
今回のセミナーではこちらはあまり言われていません。

次の網羅性が今回かなりポイントになると思っていて、
これは、抜け漏れなく情報をおさえる、ということです。

これはどういうことかというと、
あるキーワードで検索してきたユーザーは、
何かの意図があって検索しているわけです。
その意図に対して、考えうるすべての回答を用意する、
ということが網羅性になります。

例えば、「アフィリエイト 稼ぐ方法」
と検索した場合、その回答としてはかなり多くあります。
このユーザーに対して、ベストな回答をしようとすると、
SEOPPC、メルマガ、GoogleアドセンスASPなど、
色々なことについて触れることになり、
かなり長い文章になるのが想像できると思います。
これが網羅性になります。

網羅性を高める方法

網羅性を高める方法は、
実はろくたがサイト設計をする際にやっていたことと、
ほぼ同じ作業でした。

まずは、そのキーワードでのライバルサイトを読み込みます。
きちんと文章を読んで、ポイントとなってくる単語を洗い出していきます。
先ほどの例だと、「SEO」とか「PPC」になります。

続いて同じ作業を、キーワードプランナーツール
Googleのサジェスト、Yahoo知恵袋などのQ&Aサイト、
このセミナーでは言っていませんでしたが、
Amazon楽天のレビューも有効でしょう。
あと、可能ならユーザーや広告主にインタビューもアリです。

こういった徹底的なリサーチをしていくと、
検索ユーザーの意図とか求めるものが見えていきます。
そのデータを元に、記事を書いていくことになります。

このようにすることで、
そのキーワードで上位表示しているサイトの内容は網羅できますし、
さらにプラスアルファで自分のページにしか無い情報も書くことができるはずです。
この状態になれば、自然にそのキーワードの順位は上がる、
ということでした。

あと、精神論になりますが、
そのキーワードとかジャンルで日本一となる、
という覚悟をもってやる必要がある、というお話もありました。

共起語とは?

ここで出てくるのが、共起語という単語です。

この意味は、あるキーワードとよくセットで出てくる単語、になります。

例えば、「アフィリエイト」という単語であれば、
共起語としては、
稼ぐ、SEOPPC、メルマガ、アドセンス
などがあると思います。

こういった共起語が全部網羅されているか、
ということが重要になる、ということでした。

先ほど網羅性を高める作業でやったことが、
そのまま共起語を探す作業と言っても良いと思います。

今回のセミナーでは、
この共起語を一発で出してくれるツールの紹介が最後に宣伝としてありました。
一応無料のウェブツールでも共起語を出してくれるツールがありますが、
質が違うのであまり無料のツールは信用しない方がいいと思います。

このセミナーのろくたの感想

行ってよかったセミナーでした。
人気があるセミナーなので、机が無いのは辛かったですが、
内容は良かったです。

ろくたが今までやっていきたことも正しいと証明された気分なので、
今後もより頑張りたいと思います。

サイト設計時に徹底リサーチをする、
ということは今までこのブログで伝えましたが、
ページ単位(キーワード単位)でここまではやっていませんでした。

ろくたの場合は、サイト設計時に書く記事を決めているので、
その記事を書く時になったら、
関係する本を全部見直したり、ウェブを一通り検索して、
ネタを全部挙げて、それをまとめる、
ということをやっていました。

一見方向性は同じに見えますが、
ろくたのこの作業はユーザーというよりかは、
書く内容について調べているだけ、です。

なので、ユーザーがどういう意図でこのページに来るか、
という要素を今後は加えて調べていきたいと思います。

また、今回のセミナーを受けたことによって、
今後はサイト設計だけでなく、
ページごとの設計方法を体系化したいと思いました。

まとめ

今後ホワイトハットSEOで順位を上げるには、
「専門性・深掘り」と「網羅性」
が重要になってきます。

ただ、どちらも結局は、
ユーザーが探している答えを返す、
ということを一般化したにすぎません。

もっと言うと、ユーザーが探している答えを返そうと真剣に努力すると、
結果的に深掘りと網羅性は満たすことができます。

狙うキーワードがある場合は、
そのキーワードで検索するユーザーの意図や欲求を理解し、
それにしっかり100%答えることが今後は重要になりそうです。