30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

アフィリエイトで法人化するかどうかの3つのポイント

ろくたも法人化して1年経ちました。

まだ2月分の確定金額は出ていませんが、
この1年はだいたい月平均110万円くらいの確定金額となりました。

ろくたは法人と言っても、
ほとんど個人のような感じで大した事はしていませんが、
それでも1年間やって見ると、
良かった部分や悪かった部分などが見えてきます。

ということで今回は、法人化をしてみてのメリットやデメリットを、
3つの観点から見ていきたいと思います。
法人化するかどうか、迷っている人にも参考になると思います。

お金について

多分これが一番大きいと思いますが、
ろくたの収入的には気にしなくても良かったと思っています。

税理士さんに相談すると、
だいたい年1,000万円の収入だと、
100万円以上の税金が変わってくる、ような話をされると思いますが、
それくらいの金額は他の部分で出て行くことがあるので、
実際はあまり気にしなくて良いと思いました。

ちょっと面倒なので、細かい金額では比較しませんが、
だいたい以下の様な部分で支出が増えます。

税理士料金は、法人になると決算時の料金がアップしたりします。

社会保険料は最も厄介で、ろくたは毎月15万円ほど払っています。。。
(この部分が思った以上に多く、最初は戸惑いました。
今ではスーパー税理士さんに相談したことで、減らせる予定です。
結果が出たら、また報告したいと思います。)

厚生年金は一応、掛け捨てではないのでいいのですが、
健康保険部分がもったいないです。
これが国民健康保険なら、もっと少なくなっていると思うので、
この部分で、年25万円以上は損していそうな感じです。

あとは、法人になると、
お金がそのまま個人のサイフに入ることはなく、
一旦法人に入り、そこから個人に渡されることになります。

最初は出来る限り個人にいくようにすると思いますが、
それでも個人事業主に比べると、
同じ確定金額だったとしても、手元にくる金額は低くなると思います。

その分、役員報酬を経費にしたり、
他の部分でも何かしらやることで税金は安くすることができます。

ただ、年1000万円、月100万円程度であれば、
感覚的には法人化してもトントンな感じがします。

細かい金額については、上記を含めて、
税理士さんに細かく相談されてみると良いと思います。

人について

次は人を雇うことについてです。
ろくた的には法人化するかどうかのポイントとして、
最も大きなポイントだと思います。

とはいっても、ろくたは人は雇ってはいません。
その代わり、家族を役員にすることで多少の節税はできています。

やはり人を雇うというのは、
単純にリソースが2倍になるので、やれることが増えます。
最もシンプルな成功法則といえるかもしれません。

この辺は、ろくたは実体験はいていないので、
あまり詳しくは話せませんが、
他のアフィリエイターの話を聞く限り、
やはり人を雇うと、収入も上がっているようです。

他人を雇って本格的に拡大していきたい人にとっては、
これだけで法人化するメリットはあると思います。

アフィリ案件について

最後はアフィリ案件です。

これは、法人でのみ扱えるアフィリ案件があるということです。
ろくたも1つですがこの案件を扱っています。

法人のみの案件は、それだけでライバルが少なく、
さらに大企業が多いように思えるので、
結構大きなポイントです。

今やっている案件が終わったら、
法人のみで公開している案件をASPに聞いて、
そのジャンルを攻めようかと思っているくらいです。

ただ、メリットではありますが、
このポイントだけで法人化するかどうか、と聞かれると
答えはNoです。

あくまでも1つのメリットといったところになります。

まとめ

以上をまとめると、ろくたとしては、
法人化するためのポイントは以下2つです。

  • 人を雇って拡大していく気があるかどうか。あるなら法人化した方が良い
  • 税金などのトータルのお金で法人化した方がお得になる(要税理士相談)

お金の部分で税理士さんに相談しても、
すべてのお金で計算してくれる訳ではなく、
一部の税金(所得税など)だけで比較してくることが多いです。

なので、税理士料金や社会保険料も込みのトータルで計算してもらってください。

このどちらか2つのポイントでメリットがあれば、
法人化した方が良いと思います。

参考になれば幸いです。