30代会社員がサイトアフィリで月100万稼いで起業を目指す

ゼロから月100万まで目指して、サイトアフィリで役に立つ情報を発信していきます!(現在、確定100万達成し法人化済)

大規模サイトの長期運営で忘れてしまった大事なこと

こんにちは、ろくたです。
いよいよ暑くなってきましたね。
扇風機やエアコンが欠かせない今日このごろです。

最近とあるアフィリエイト関連の勉強をした時に、
ろくたはある重要なことを忘れてしまったことに気付きました。
今回はそのことについて書きたいと思います。

大規模サイトの長期運営で忘れてしまっていたこと

ろくたは大規模サイトを運営し始めて、
だいたい3年が経過しました。
3年も経過すると、当初から色々と変わります。

ろくたが昔書いた記事を読み返してみると、
全然だめだったな、と思えるので、
多少は成長したと思います。

ただ、今回言いたいのはそういうことではありません。

今回重要なことは、
サイトを作った動機についてです。

大規模サイトを作る時は、さすがに行き当たりばったりではなく、
ある程度は設計すると思います。
その時に、どういうサイトにするのか、方向性を決めるはずです。

今回重要だと言いたいのは、
そういったサイトの方向性や目的、コンセプト、信念
と言ったことになります。

やっぱり3年も経過すると、毎日のルーチンのように、
記事をただアップしていく感じになります。

もちろんその1記事1記事は、
それなりには一生懸命書いています。
ただ、サイト立ち上げ時に考えていた、
そのサイトの目的や信念ということは忘れてしまっていました。

目的や信念の例を挙げると、
わかりやすいサイトが少ないから、
徹底的にわかりやすいサイトにしよう、
といった感じです。

それで、最近自分が書いた記事を見て、
本当に徹底的にわかりやすいサイトにしようと思って、
記事を書いていたのか?
と考えると、そういう考えはなくなっていました。

記事を書く内容については、
むしろ昔よりも良くなっていますが、
サイト全体を支えているはずの目的や信念がなくなっている、
という感じになっていました。
これが無くなってしまうと、
自分のサイトのオリジナル性が失われてしまい、
どこにでもあるような1つのサイトに成り下がってしまいます。

この辺でちょっとまとめると、
ろくたは長期運営をしている内に、
サイトを立ち上げた目的の初心を忘れてしまい、
ただ記事をアップするだけになっていた、
ということでした。

サイト立ち上げ時の気持ちを継続する方法

そこで、サイトを立ち上げる動機となった、
目的、信念、方向性、情熱などの気持ちを、
長期的に継続する方法を考えてみました。

これには人それぞれ色々な方法があると思いますが、
ろくたはこの1つの方法が最も良いと思っています。

それは、サイトのトップページに大きく宣言する、
ということです。
バナーの中に書いても良いと思います。

すると、そのサイトはどういう方向性で作ったのか、
そういうことが自分だけでなくユーザーにも伝わります。
その内容に共感してくれたユーザーはファンになってくれます。

ということで、自分に対してだけでなく、
ユーザーにも伝えることができるので、
この方法がおそらく最も良いと思います。

今ろくたがやっているサイトを見直してみると、
そういったサイトの方向性は、
「このサイトを作った理由」のような1つの記事に書いており、
トップページには書いていませんでした。
多少バナーに書いてある程度です。

これでは多分ユーザーには伝わらないし、
自分も段々と忘れてしまうので、
大きく宣言してみる形に直していきたいと思います。

まとめ

今回の内容のまとめです。

大規模サイトを長期運営していると、
どうしても日々のノルマやルーチンをこなすことがメインになっていき、
当初サイトを立ち上げたきっかけとなった、
目的や信念、情熱などを忘れてしまいがちです。

実はこの部分って、
ろくたは大規模サイトにはかなり重要だと思っています。
(次回はこの部分について、もう少し触れたいと思います。)

最近はライバルのサイトも充実してきているので、
ただ商品を詳しくレビューしていただけでは、
ちょっと物足りないと感じています。

そこで差別化をするためにも重要となってくるのが、
こういったサイトの信念になってきます。

ろくたは長らく運営してきたため、
こういったことを忘れて、
普通に記事をアップしてきていました。
気持ち的には多分最初の方が盛り上がっていて、
テンションも高く、良かったと思います。

なので、当初の気持ちを取り戻し、
今後も継続するために、まずは再度宣言してみたいと思います。

初心忘れるべからず、のような言葉もありますが、
サイト作りでも重要だということを思い知らされました。